自動車保険にあるファミリーバイクの特約って?

LINEで送る
Pocket

自動車保険に参加する時には、ファミリーbike特約を付ける時の事を考慮して、人傷型で参加が可能ななかも、確かめておくと良いでしょう。

自動車保険の任意保険には、ノンフリート等級があり、事故を起こした時には等級が下がり、保険出費のレートが次年度から高くなる仕組みになっていますが、ファミリーbike特約でオートバイクの事故が起きても、ノンフリート等級にはカウントされない事になっています。

自損型は、搭乗者傷害補償が付かないタイプで、人傷型は搭乗者傷害補償が付くタイプです。

とはいっても、ファミリーbike特約では、自動車保険に搭乗者傷害補償が付いていても、補償されない事例があります。

自動車保険の任意保険に世帯の誰かが参加していれば、ファミリーbike特約を付ける事ができます。

他にも、邸宅にオートバイクが何台あっても、125CC以下であれば、自動車保険の適用となります。

搭乗者傷害補償というのは、オートバイクを運転している本人と、そのオートバイクに乗っている搭乗者の傷害補償です。

ファミリーbike特約を付けている時、他人のbikeを借りて運転していて、事故に遭った時でも自動車保険は適用されます。

自動車保険にファミリーbike特約をつければ、身内の誰かが125CC以下のオートバイクに乗っていて事故を起こした時に、自動車保険と同じ要件で補償を受ける事ができます。

自損型では、搭乗者が身内である時には、事故が起きても傷害補償が付きません。

自損型か人傷型かを自動車保険契約時に選定する事が可能なな自動車保険もありますが、はじめから決まっていて選択できないものもあります。

更に、ファミリーbike特約は、年間1万円程度の保険出費で自動車保険と同じ保障が付けられるのでかなり手頃な値段な保険です。

自損型は、オートバイク同士やオートバイクと車での事故なら、相手の自動車保険から対人賠償保険で補償される事から、搭乗者傷害補償が付いていないと考慮しられます。

身内のうち、オートバイクに乗る人が、身内と別れて一人暮らしをしていても、ファミリーbike特約の対象になります。

ファミリーbike特約は、その保険費用にしても一月1000円程度の掛け金で参加可能ななので、安上がりな自動車保険と言えます。

ファミリーbike特約には、自損型と人傷型の二つのタイプがあります。

ただし、身内以外の人をオートバイクに乗せていて事故が起きた場合には、自動車保険の対人賠償で補償されます。

無論、人傷型の方が、保険経費は高くなります。