自動車保険の仕組みってどうなってるの?

LINEで送る
Pocket

事故が起きた場合には、結局すべてお金で解決する事になります。

任意自動車保険では、事故を一度起こすと、保険料が次年度からかなり高くなります。

自賠責保険は、事故が起きた時の最低限のトラブル者救済のための保険です。

それは、自賠責保険が、あくまでもトラブル者の立場に立った保険であるためです。

けれども、強制保険では事故が何回起きたとしても、次年度からの補償が減る事もありませんし、保険料において変わることもないのです。

任意自動車保険には、こうした示談も保険の担当者が行ってくれるので、保険の参加者が直接示談をしなくても済みます。

任意自動車保険は、自動車保険に参加する時に、豊富にな条件を特約として付加できます。

とはいっても、自賠責保険はその限度額が少ないので、この保険だけでは十分ではありません。

他にも、事故が起きた時には、事故の被害者が加害者の保険企業に損害賠償額を請求します。

この自動車保険には、PAPやSAPと言った総合保険も準備されています。

交通事故は、傷害事故や死亡事故を引き起こし、多額の損害賠償金が必要となるので、可能な限り任意自動車保険に参加しておきたいものです。

自賠責保険で入金きれない損害賠償額は、自費で支払うか、任意保険に参加してそこから保険金として支払ってもらうかのどっちかです。

自費ではなかなか、多額の損害賠償額を支払う事ができません。

このように、自動車事故がすべてお金で解消されるということになると、事故を起こした加害者とトラブル者の間で、どれだけのお金を補償するかの話し合いが行われます。

こうした、加害者がトラブル者に支払うお金を、損害賠償額といいます。

任意自動車保険がすべて示談交渉をしてくれるというものではなく、あくまでも自動車保険の契約時に決まります。

万一、事故が起きた時、その加害者であれば、トラブル者に反対に病院の治療費や慰謝料、搬送料などのお金を決済ます。

こうした裁判の経費も、任意自動車保険では、保険金として支払われる特約もあります。

示談がうまく行かない時、裁判に持ち込まれる場合もあります。これを示談といいます。

自賠責保険と任意自動車保険が違う保険法人なら、双方に損害賠償請求をします。

自動車保険には、強制保険の自賠責保険、それに任意の自動車保険があります。

自賠責保険では、この額を保険金として支払ってくれます。

これを、損害賠償請求といいます。損害賠償額には、トラブル者が病院に入院して治療をするためのお金や、療養にかかったお金、それに休業の保障費が入ります。

合宿免許は最短2週間