自動車保険の保険金不払い問題ってどうなの?

LINEで送る
Pocket

自動車保険の保険金不払い問題は、年々深刻になってきています。

日本は、現在まで自動車保険は、すべて代理店型の自動車保険でした。

ところが、日本に危険性細分化型の自動車保険が導入されてから、自動車保険の中身が複雑化して、保険金の不払い問題が生じてきたと言えます。

真っ先に、危険性細分化型の自動車保険というのは、自動車保険料が今までの保険料よりも安いといった事から、自動車保険に価格競争を採りいれたと言えます。

自動車保険会社は、参加者ゲットをして保険料を集め、事故が起きた時に保険金を可能なだけ安く抑えて支払うことで、その差額が自動車保険会社の収入となります。

自動車保険企業が、利潤を追求するという仕組みが、保険金の不払い問題を生み出したといっても良いでしょう。

自動車保険に加入する時、諸々な要件を自分で検証しながら、補償を増やしたり、特約を付けたりします。

ところが、このことは要件が複雑すぎて正しい保険金の支払いを手に負えなくしている事の一つです。

また、賠償額が無制限とあっても、支払う補償金の最高額に制限が無いだけで、補償額をどれだけにするかというのは、担当者の判断で決められます。

自動車保険に参加した人が、自分が思っていたよりも補償額が少ない時には、保険金の不払いを疑ってみるのも大事です。

補償額にはびしっとした数字が決められているわけではないのです。

このところがダイレクト自動車保険の落とし穴であるとも言えます。

実のところに自動車保険会社は、保険金を支払う時になると、法人の利益を心積もり、可能なだけ補償額を抑えて支払う傾向があります。

これが保険金の不払いです。

ダイレクト自動車保険は、値段競争で成り立っているので、テレビやラジオのコマーシャルにもたびたび登場します。

これらのコマーシャルは、可能なだけ自動車保険の参加者を増やし、保険料を集め、事故が起きた時の保険金や企業の運営費を差し引いたお金で成り立っています。

この事を心積もりても、自動車保険法人が十分な補償を支払っているか質問が生じてきます。

金融庁は、自動車保険法人に反対に、たびたび業務改善命令を出しているのも事実です。

自動車保険の安い保険料に踊らされることなく、事故が起きた時に、十分な補償が約束される自動車保険を選択したいものです。

自動車保険を考慮する時には、その保険の中身も価値があるですが、保険金の不払いリストに登場していない自動車保険法人を選ぶ事も重要です。