自動車保険のソニー損保について

LINEで送る
Pocket

自動車保険がテレビやラジオコマーシャル、または新聞や雑誌にも掲載され、PRされている自動車保険の一つにソニー損保があります。

ソニー損保は、日本の自動車保険企業ですが、危険性細分化型の自動車保険であると言えます。

危険性細分化型の自動車保険は、ダイレクト保険であり、営業所や支店などの中間支出を削減して、クライアントと会社がダイレクトに繋がっている自動車保険です。

ソニー損保がお客に選ばれる所以には三つあります。

一つは、走行距離が安いほど自動車保険料が安価になるようになっています。

他の危険性細分化型保険と比較して、ソニー損保では、特に走行距離において、保険料の割引を腹積もりています。

つまり、年間の走行距離が3000キロ以下なら29%割引になります。

これは、近所の購入や駅までの身内への送迎などで車を使用する人のパターンです。

また、年間走行距離が7000キロ以内なら、26%の割引、また11000キロでも20%割引となります。

このように、ソニー損保では、年間走行距離を3つに区分て保険料の割引が設定されています。

この他、ダイレクト損保である事や、補償対象の車の使用目的や型式などで、安全に繋がるなら、保険料が割引になります。

無論、運転者の年齢や、運転免許が金色カードであるかないかなども保険料が安価になる前提です。

こうした自動車保険料の割引前提は、割引率に差異はあるけれど、他のダイレクト損保でも同じように設定されています。

ソニー損保だけのサービスとしては、「くりこしサービス」と、「こえても心配無用サービス」があります。

ソニー損保の自動車保険は、走る分だけの保険料という腹積もりから成り立っています。

そんな訳で、仮に走らなかった分の走行距離があったケースには、保険料は「くりこしサービス」で、次年度にくりこす事が出来ます。

「こえても心配無用サービス」は、一番目に契約していた走行距離よりも以前からずっと走ってしまったケース、超過分の走行距離の保険料は大きく上乗せしません。

とはいってもこれは、ソニー損保の自動車保険で、二年目以降の契約者特典となっています。

また、ソニー損保の特長は、万一事故が起きた事例に、会社とダイレクトに参加者が繋がる手段が諸々準備されているという事です。

一例を挙げれば、インターネットのコミュニケーションボートで連絡を取り合うと、24時いつでも連絡する事が出来ます。

こうした参加者と自動車保険企業のコミュニケーション才能こそ、ソニー損保の特長だと言えます。

そして、自動車保険業界の中でも、高い占有率を誇っています。